EXHIBITION

2017

The World of FOTOMO | Kimio Itosaki Exhibition

From April 21, EMON Photo Gallery presents “The World of FOTOMO”, an exhibition by photographer Kimio Itosaki. Itosaki was born in Nagano prefecture in 1965. His education consisted of biology in middle school before transitioning to art in high school and finally a design major at Tokyo University of Art and Design. A passion for avant-garde art has culminated in various continuing artistic activities themed on roads and streets captured in photo.

The title of this exhibition is a term invented by Itosaki combining “photo” and “model”. Itosaki was one of the many students impacted by the artistic concept created by Genpei Akasegawa and co. in the early 70s, known as Hyperart Thomasson, which focused on functionally useless relics or buildings that were preserved and had become pieces of art in their own right. Reflecting this influence, his fotomo body of work has been in progress since 1992, taking as subject the streets of downtown Tokyo that still bear Showa-era nuances despite ongoing redevelopment. Using his own photographic prints, he creates pop-up collages in the mode of classical “tatebanko”– a type of pop-up picture used a toy in the Edo period. From shooting to creating the pop-ups, all work is done by hand.

From 1996 to 2004, Itosaki’s fotomo were a hit feature in popular Tokyo walking magazine Sanpo no Tetsujin. With a quaint analogue tinge, they were in some ways educational materials showing people places of interest on Tokyo’s streets. However what separates Itosaki’s art form conventional paper craft are the perspective photos of buildings and people that magnify reality to stunning 3D visual effect. It is truly a unique form of collage that captures the imagination. 

Thirty prints will be exhibited,  chosen from original prints stretching back to 1992. Also available for viewing are recent works created from photos of Hong Kong.

Kimio Itozaki 1965-

Creator of various works besides fotomo that employ a range of photographic techniques. His multitudinous creativity has resulted in solo exhibitions, workshops as well as features in numerous magazines. 

 

Solo Exhibitions

2012 Bansai x Photo vol. 2 Exhibition of Kimio Itoskai Works at Omiya Bonsai Art Museum

2008 Bricolage Kanazawa at the 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa

2004 “Fotomo x City” Multi-Perspective Sx Editions 

 

Group Exhibitions

 

2017 TOP Collection Tokyo at Tokyo Photographic Art Museum

2014 every stroller can change the world. Tokyo at Tokyo Photographic Art Museum

2010         Group exhibition on “Metamorphose”  Takamatsu Museum

2010         ”A trip to Niigata” Niigata City Art Museum 

 

Awards

1999 Kirin Contemporary Award for Excellence

2001 Konica Photo Premio Annual Award Grand Prix

2003 19th Higashikawa Prize  Newcomer Award

 

Publications

2007 Tokyo Konchu Digi Wide  / Aaton Shinsha

2007 Fotomo no Bukken / Aaton Shinsha

2017/04/21 fri - 05/20 sat 

Opening Reception    04.21fri 18:00 Start (Free)

FOTOMO workshop       05.13sat 11:00〜17:00     fee:3000JPY 

​                                   for ages over 7 / parental guidance is required for primary school children

                                   to participate please mail to / emon_photogallery@emoninc.com   

                                

                                         

フォトモの世界 | 糸崎公朗展

2017/04/21 fri - 05/20 sat 

Opening Reception    04.21fri 18:00 Start (Free)

フォトモワークショップ  05.13sat 11:00〜17:00 参加費3000円 定員10名

​                                  7歳以上対象 小学生保護者同伴

                                  参加ご希望の方は下記にお問い合わせください。

                                  emon_photogallery@emoninc.com            

エモン・フォトギャラリーより、4月21日から開催される写真家・糸崎公朗展『フォトモの世界』のご案内致します。 糸崎公朗1965年長野県生まれ、東京造形大学卒業。中学は生物部、高校は美術部に属し、大学ではデザインを専攻。また前衛芸術に強い関心を寄せ、路上をテーマに写真で記録する様々な表現活動を続けています。 展覧会タイトルの「フォトモ」は写真とモデルを組み合わせた氏による造語。70年代初頭に赤瀬川原平らの芸術概念「超芸術トマソン」(存在がまるで芸術のようでありながら、その役にたたなさ・非実用な物体、主に不動産を示す)が当時学生を中心に広がり、糸崎もまた影響を受けた一人として自身の創作活動に取り込んでいったのです。1992年から始まった「フォトモ」は、開発が進む中で昭和の面影を残す東京下町の路上を記録しています。そのプリント写真を使い、江戸時代におもちゃ絵として楽しまれた錦絵「立判古(たてばんこ)」の形式を取り入れ、撮影からコラージュまでのすべてを手仕事で行っています。 「フォトモ」は96〜04年まで雑誌「散歩の達人」に連載されて好評を博しました。アナログの味わいがあり、人々に町歩きの見所を示唆する教材的な意味を持っていたのです。しかし一般的なペーパークラフトと一線を画すのは、糸崎の「フォトモ」が現実を誇張したパース写真で表し、建物や人を折り重なるように構成した視覚効果にあるでしょう。観る者の想像力を掻立てるフォトコラージュのユニークな表現形態として観ることができるのです。 ノスタルジーと温かみを持った本作品群は、92年から続く原版として制作された作品を中心に約30点をご紹介します。また香港で撮影された最新の立体作品も展覧を予定しています。

アーティストステートメント

フォトモは平面である事が前提とされる写真を立体化した作品だが、これを再び平面に押し戻したのが今回メインとなる展示作品である。これは96~04年に雑誌『散歩の達人』に連載していた版下原稿として製作したものだ。フォトモを最初に発表したのは93年、池袋西武百貨店内のアトリエヌーボーという小スペースだった。この時、同じ池袋の東武百貨店では葛飾北斎展が開催され、そこで北斎作のフォトモにそっくりな立体作品が展示してあり仰天した。それは立版古という江戸時代のペーパークラフトで、パーツが並んだ木版画を切り抜いて組み立てると、浮世絵の世界が立体的なミニチュアとなって出来上がる。私は隔世的に優良な遺伝子を受け継いだことを確信した、と同時に直接的にも影響を受け、フォトモのパーツをバラバラに分解し平面にレイアウトした版下原稿を『散歩の達人』編集部に持ち込んだ。この連載原稿は全てフィルムからのプリントを手作業で精密に切り貼りしている。今はすべての作業がパソコンに置き換わり、文字通り「失われた技術」になった。この作品の一部は14年に東京都写真美術館に収蔵され、17年のコレクション展に出品された。この時同じ出品者の写真家山本糾氏は、私の作品に対し驚きをもって「キチガイだ」と評してくれた。思えば私は写真というものの外部に出ることで、写真そのものの根本を捉え直そうとしていたのである。

糸崎 公朗(いとさき きみお)1965-

長野県生まれ。東京造形大学卒業。写真を立体構成した「フォトモ」の他、様々な写真技法による作品を発表。個展他ワークショップ、雑誌連載など多方面に活動する。

個展

2012『盆栽×写真vol.2糸崎公朗作品展』

さいたま市大宮盆栽美術館

2008『金沢をブリコラージュする』金沢21世紀美術館

2004“FOTOMO x CITY” Multi-Perspective Sx

Editions/香港藝術中心

グループ展

2017『TOPコレクション 東京・TOKYO』 東京都写真美術館

2014『日本の新進作家vol.12 路上から世界を変えていく』東京都写真美術館

2010「コレクション+(プラス) メタモルフォーゼ!!!!!変身アート」/高松市美術館

2010「新潟への旅」/新潟市美術館 受賞

1999 キリン コンテンポラリー・アワード優秀賞

2001 コニカ フォト・プレミオ年度賞大賞

2003 第19回東川賞 新人作家賞  

出版

2007 「東京昆虫デジワイド」/アートン

2007 「フォトモの物件」/アートン 

  • Twitter Social Icon
  • Facebook Social Icon

Seed S+205, 3-10-50 Kamiosaki Shinagawa-Ku

Tokyo 141-0021 JAPAN

Tel.    +81/3/5793/5437 / +81/3/5793/5415

Monday - Friday : 10:00am - 6:30pm

Saturday, Sunday, National holidays : Closed

©2016 EMON PHOTO GALLERY. ALL RIGHTS RESERVED.