EXHIBITION

2017

The Photon and the Nude | Noriaki Yokosuka Exhibition

2017/01/19 thu - 02/16thu

Starting on January 19th for a period of one month, EMON Photo Gallery presents an exhibition of the earliest private works of photographer Noriaki Yokosuka, entitled The Photon and the Nude.

Born in 1937 in Yokohama, Noriaki Yokosuka (1937~2003) graduated from Nihon University, majoring in photography. He first started to make a name for himself during his days as a student working for Shiseido, and later through his activities as a freelancer. Yokosuka’s posters for Shiseido each achieved landmark status, cementing his position as a true pioneer of fashion photography and propelling him to pursue his private photographic art with renewed vigour. His talent for taking photos that no one else could is well-illustrated in a comment by photographer Nobuyoshi Araki, working for Dentsu Inc. at the time, who said “He’s the first photographer of whom I was jealous.” 

A unique tenacity that took Yokosuka to new artistic dimensions is to thank for the awe and envy with which the spectacular world of advertising views him. Sorcery may not be too strong a term to describe his fascination with light and the human form in particular, something readily apparent in his remaining private works. His obsession with the flesh, his pursuit of light, creative modes that made free use of polarisation – the experimental genius of Yokosuka remains hidden even after his death, until now.

This exhibition focuses on series’ created between 1964 and 1972, including his debut series Shafts, works from the series Optics, and other carefully selected pieces. The exhibit will include original prints.

We invite you to come and enjoy the works of a photographer who not only defined advertising photography, but throughout a lifetime of calmly burnishing his approach, was able to constantly challenge the new.

この度エモン・フォトギャラリーでは、1月19日より一ヶ月間、写真家・横須賀功光の初期プライベートワークを集め、「光と裸体」と題して展覧会を開催する運びとなりました。

横須賀功光 Noriaki Yokosuka (1937−2003) 横浜生まれ、日大芸術学部写真学卒。学生時代から資生堂の仕事を手掛けて頭角を現し、卒業後はフリーとなって活躍。資生堂のポスターは次々と反響を呼んで瞬く間に広告写真の金字塔を打ち立て、その後も飛ぶ鳥を落とす勢いでファッションフォト、シリアスフォトを先駆していきました。「俺がはじめて嫉妬した写真家だった」と当時電通にいた荒木経惟氏が言うように、誰も真似ができない写真を撮る早熟の天才だったのです。

華々しい広告の世界で名声を上げ羨望されたのは、次元を超えて写真と向き合おうとする横須賀の執念に他なりません。特に、光と肉体について横須賀は魔術的と言えるほど関心があったことは、彼が残した数多くのプライベートワークで知ることができるのです。肉体への執着、光の探求、またソラリゼーションを駆使した技法など、その実験的な写真行為は広く公開されることなく、氏が世を去るまで続けられました。

今展では、1964年から72年にかけて制作されたシリーズ作品を中心に、初期作品Shafts『射』 、Optics『檻』他から選りすぐり、当時焼かれたオリジナルプリントを交えてご紹介致します。

生涯をかけて心眼を冷徹に磨き、常に新しい事に挑んだ横須賀功光の一端を、どうぞご覧ください。

Shafts   射 (1964年)

横須賀のプライベートワークの中で最も初期にあたる作品である。自ら作った金属をモチーフに空想空間を作り上げ、そこに光と影を操って闇から浮かび上がる硬質な光を捉えている。この奇妙な異次元空間は、氏のプライベートワークの中でも最も抽象的で謎めいた作品とされ、ストイックな感覚が際立ったまさに氏の原点となっている。

 

Optics   檻 (1969年)

1965年にニューヨーク近代美術館に於いて「感応する眼(The Responsive Eye)」という展覧会が開催された。これがオプティカル・アートの最初のデモンストレーションであるといわれている。それらの要素を氏は巧みに取り入れ、肉体と幾何学パターンを写真で表現したオプティカル・イリュージョン(錯視)を呼び起こす作品を作り上げた。

 

Caves   壁 (1972年)

作品『壁』は、肉体を極限まで追い込んで撮りたいという衝動が顕著に表れた横須賀の初期の作品である。緊張した肉体、反対にそこから解き放たれた濃密な時間を切り取った。弓を引き絞った緊張状態と、放たれた矢が的に当たった瞬間の解放状態のように、ストップモーションの芸術を無機質なシーンに肉体を連れ出して切り捉えている。

 

A Case of Exposure   光銀事件 (1989年)

肉体に魔術的と言えるほど関心があった横須賀がソラリゼーション技法を用いて制作した作品。横須賀は光と銀の印画紙が起こす化学反応の面白さに没頭していった。撮影時の光、引伸機の光、鑑賞する時の光。いくつもの光と戯れて銀の科学の偶然性が引き起こすプロセスを「目に見えない事件」としてタイトルが付けられた。

  • Twitter Social Icon
  • Facebook Social Icon

togo Bldg.,B1 5-11-12 Minamiazabu Minato-Ku

Tokyo 106-0047 JAPAN.

Tel.    +81/3/5793/5437

Monday - Friday : 11am - 7pm / Saturday : 11am - 6pm

Sunday, National holidays : Closed

©2016 EMON PHOTO GALLERY. ALL RIGHTS RESERVED.