EXHIBITION

2017

BALLENESQUE | Roger Ballen Exhibition

Period: 2017/10/20 fri - 12/20 wed

Roger Ballen    www.rogerballen.com

Roger Ballen is a photographer born in New York, USA in 1950 who now resides in South Africa. He is regarded as one of the most important figures in photography in the 21st century. For over 30 years he has lived and worked in Johannesburg. Ballen’s unique style of photographic expression has evolved through the use of a simple square format and beautiful black & white tones. His recent series include elaborate images featuring techniques normally reserved for paintings, collages, or sculptures. Despite having invented this new form of hybrid aesthetic, there is no doubt that Ballen’s roots still remain firmly in the photographic realm. He directed the music video “I Fink U Freeky” for Cape Town rave/hip-hop group Die Antwoord in 2012, which has amassed over 90 million views on YouTube as of today.

EMON Photo Gallery 12th Anniversary Project

Roger Ballen "BALLENESQUE” Tokyo Premiere Exhibition

This autumn, to mark our twelfth anniversary, we are delighted to invite photographer Roger Ballen for an exhibition at Emon Photo Gallery. Roger Ballen was born in New York in 1950.  He graduated from the University of California, Berkeley, and travelled the world extensively before settling in Johannesburg, South Africa.There, Ballen has spent the last thirty five years doing his photography, giving rise to an impressive body of work.  The Outland series of 2001, published by Phaidon press, was particularly significant in his rapid rise to fame. The impact of his equally provocative subsequent works on the photography and art world hardly needs mentioning.

 

Currently, Ballen is part of a collaborative exhibition titled “No Joke” at Diesel Gallery in Tokyo, as well as preparing for an important installation project in Arles in July.  The exhibition at Emon Gallery coincides with the publication by Thames and Hudson of his latest book “Ballenesque:  Roger Ballen – A Retrospective”, a powerful insight into Ballen’s life of art.  The exhibition will feature innovative works from the past together with some of his latest pieces.

 

Ballen’s photographs are characterised by the compelling people within, shot against windowless, stained walls strewn with graffiti and chaotic wire configurations. These elements pervade his work.  Impinging on the realm of painting, Ballen’s photographs house an unidentifiable aesthetic that can best be describes as “Ballenesque”.  Thus, the supernatural world of Roger Ballen robs us of words and nestles deep into our subconscious mind.

 

At the heart of works from the earlier part of Ballen’s career lays an empathy for people living on the edge of society.  His later works see a shift away from society as motif and toward the psyche, embodied in a more avant-garde expression incorporating drawings and configurations of space.

 

Philosopher Simone Weil proclaimed “Good is to be found scattered like sand amongst evil. Purity is the power to be able to hold one’s gaze on filth.” Regarding her quote, Ballen’s photography is between the real and unreal, he draws a world of anxiety but we could find a sense of innocence within. All these aspects shall enter the nonlinguistic deepest places of the human mind. The instinctual reaction is to brace oneself and withdraw slightly, and his works are viewed with baited breath. Ballen’s photography shall release one’s mind and could give much more freedom to the viewers.

 This exhibition spans the landmark Outland (2001) series through to Ballen’s recent Theatre of Apparitions (2016). We are delighted to invite one and all to experience the world of Roger Ballen. He is an artist whose every step has helped establish a truly singular approach. And yet, via a repeating cycle of rebirth and transformation, he continues to defy categorisation.

BALLENESQUE | ロジャー・バレン展

会期:2017/10/20 fri - 12/20 wed 

 

ロジャー・バレン  www.rogerballen.com

1950年米、ニューヨーク生まれの写真家。現在南アフリカ在住。21世紀で最も重要な写真家の一人として知られ、35年以上に渡ってヨハネスブルクに住み制作をしている。バレン独特の写真表現は正方形のフォーマットとモノクロームの美しい階調をもって進化を遂げ、近年の作品で見られる精巧なイメージは通常絵画で使われる技法やコラージュ、彫刻表現をも取り入れている。ハイブリッドな美学様式を発明しているが、今なおロジャー・バレンの根幹にあるものは写真表現である事は確かである。2012年、南アフリカのケープタウンで結成されたレイブ/ヒップホップグループ、Die Antwoordのミュージックビデオ『I Fink U Freeky』の監督を務め、このYouTube動画は現在までに9000万回以上の視聴回数を記録している。また2017年7月からはフランスのアルル国際写真祭にて廃屋を使い大規模なインスタレーション作品を発表し注目を集めている。

関連記事

エモンギャラリー12周年アニバーサリー企画

21世紀で最も重要な写真作家の一人に数えられる写真家ロジャー・バレン。

東京初の展覧会“BALLENESQUE”を開催致します。

ロジャー・バレンは1950年ニューヨーク生まれ。カリフォルニア大学バークレー校を卒業した後に様々な国を旅して周り、現在は南アフリカ・ヨハネスブルグに在住しています。バレンはこの土地で35年に渡たって写真の可能性を探り、実験的なアプローチによって作品を次々と発表。2001年作品 ”Outland” で一躍その名前を世界に広め、その後のセンセーショナルな創作活動は写真界のみならず美術界全体の注目を集めました。

 本展は、“BALLENESQUE/バレネスク”と題されたキャリアを通覧する作品集の出版に伴い、これまでの革新的な作品を集めてお披露目する東京初の展覧会です。

 

バレン作品の特徴はその強烈な人物像にあります。また、窓のない壁や落書き、シミや針金といった要素。人物とそれら複合的要素が光と影の中でぶつかり合い、接合と分裂を繰り返してこれ以上足すことも引くこともできない一瞬を記録しています。正体不明の何かを宿して絵画に肉迫する写真。 バレンのこの超現実的世界は私たちから言葉を奪い、深く意識の中に留まらせようとします。

 初期から中期の作品は、社会の周縁に生きる人々に向けられ、中期からは人物モチーフを遠ざけるも、ドローイング、空間構成に及ぶより前衛的な表現に移行。展覧会タイトルともなった「BALLENESQUE=バレン的な」は、この長きに渡るバレンの創作活動を象徴するにふさわしい言葉として採用されたのです。

哲学者シモーヌ・ヴェイユの 『善というものは常にこなごなになって悪の中に散らばっているものである。純粋さとは、汚れをじっと見つめる力のことです。』 この言葉を想起させるバレン作品は、夢とも現実ともつかない不穏な世界を描きながらもどこか無邪気さを遊ばせ、言葉では形容し難い奥行きを持って人の心の深部に入り込むでしょう。一瞬身構え、息を凝らして見る写真。バレンは観る人の観念を解放し、わたしたちにより自由を与えようとするかも知れません。

 本展では、代表作“Outland,2001”をはじめ、“The Theatre of Apparitions,2016” までの8シリーズから構成。独自の様式を確立しながらもそこに囚われず、自ら殻を脱ぎ捨て、再生と変貌を繰り返すロジャー・バレンの世界をどうぞご覧ください。

ロジャー・バレン新刊作品集

『BALLENESQUE:  roger ballen – a retrospective』Thames and Hudson刊

予約受付はメールまたはお電話にて  

emon_photogallery@emoninc.com 03-5793-5437

『BALLENESQUE』普及版12,000円(税込)

ハードカバー、336ページ

本体308mm×326mm

『BALLENESQUE』

コレクターズエディション  

限定 100セット 残部1部  Edition 74/100

(サイン入りオリジナルプリント付)

オリジナルプリント付     102,600円(税込)

オリジナルプリント額装付   129,600円(税込)

プリント用タトウ+ 布張りスリップケース

311mm×335mm付き

ハードカバー、336ページ

本体308mm×326m

 

​ご購入者の方にはエモン特性エキシビションカタログを差し上げます。

2017/10/22 sun   18:30-            緊急開催 POSTにてロジャー・バレン トークイベント開催決定

日時:2017年10月22日(日) 
   18時30分〜20時 (受付開始18時)
会場:POST 150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2-10-3
協力:エモン・フォトギャラリー

※新刊『BALLENESQUE』12,000円(税込)に伴い、ブックサイニングも行います。来日中最後のイベントとなりますので是非ご参加下さい。

受付はWEBまたはお電話にて受付中。

http://post-books.info/…/talk-event-roger-ballen-ballenesque

 

終了いたしました。

2017/10/18 wed   19:30-              銀座 蔦屋書店 ロジャー・バレン トークイベント開催決定

※新刊『BALLENESQUE』12,000円(税込)に伴い、ブックサイニングを行います。

参加費1,500円

受付はWEBまたはお電話にて受付中。

WEBはコチラをご覧ください。(銀座蔦屋書店ページへ)

tel : 03-3575-7755

 

終了いたしました。

2017/10/21 sat   14:00-15:00       ロジャー・バレン トークイベント  

インタビュアー:若林恵(『WIRED』日本版 編集長)                    1971年生まれ。ロンドン、ニューヨークで幼少期を過ごす。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業後、出版社平凡社に入社。『月刊太陽』の編集部スタッフとして、日本の伝統文化から料理、建築、デザイン、文学などカルチャー全般にかかわる記事の編集に携わる。2000年にフリー編集者として独立。2011年より現職。

​ゲストスピーカー:太田睦子(IMA編集部エディトリアルディレクター)

1968年、東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、サントリー東京広報部に勤務。その後、編集者として『マリ・クレール』『エスクァイア』『GQ』などの雑誌でアート、写真、文学、旅、ライフスタイル、食などを担当。フリーランスとなり、雑誌や単行本、作品集、美術館カタログの編集のほか、アートプロジェクトなどに携わる。2012年に株式会社アマナからアート写真雑誌『IMA』を創刊。エディトリアルディレクターとして、雑誌、写真集を刊行。また、天王洲にてIMAギャラリーを運営、若手作家を国内外に紹介する他、写真展や写真関連イベントやワークショップ、ポートフォリオレビューなどを開催している。

特典:ワンドリンク付き+『WIRED』最新号プレゼント。

また新刊『BALLENESQUE』12,000円(税込)をご購入(予約可)いただいた方には、トークセッションの入場料をご返金致します。

(ブックサイニングも実施)

 

終了いたしました。

2017/10/21 sat   15:30-                ブックサイニング 

Thames and Hudson社の新刊、『BALLENESQUE: Roger Ballen-A Retrospective』。キャリアを通覧する作品集の出版に伴い、ブックサイニングを行います。現在も受付中です。 

 

終了いたしました。

  • Twitter Social Icon
  • Facebook Social Icon

Seed S+205, 3-10-50 Kamiosaki Shinagawa-Ku

Tokyo 141-0021 JAPAN

Tel.    +81/3/5793/5437

Monday - Friday : 10:00am - 6:30pm

Saturday, Sunday, National holidays : Closed

©2016 EMON PHOTO GALLERY. ALL RIGHTS RESERVED.