EMON Tokyo 2019.04.02tue → 04.27sat

Reception/レセプション 4.02tue 18:00〜20:00

Open 11:00-19:00 sat-18:00 Closed sun,holidays

It's almost dawn. I was climbing the mountain path, running out of breath.

The scenery changes from black darkness to deep blue. I was surrounded in the chirping of small birds. The sun rises and the appearance of the cherry blossoms change. The morning view of the blossoms blends with my distant childhood dreams and it looked like the Milky Way.

This Spring, for the first time in two years, EMON is proud to present an exhibition by photo-collage artist Kiiro. For this exhibition we gather together works by artist Kanako Kitabayashi to present aspects of “déjàvu” which both share in their core of artistic expression.

Since 2009, Kiiro has relentlessly pursued the potential of the photograph with a body of work focusing on the cosmos flower. Layering, carving away, combining and dividing images to create his unique photo-collages, Kiiro’s profoundly pictorial approach has gained depth with the passing years, and his recent photographs begin to take on the unmistakable aesthetics of traditional Japanese painting. 

For this exhibition, compared to the series before, which had a vision of life and death, Kiiro’s latest Sakura series are imbued with somehow a nostalgic aspect and re-constructs a sakura seen in memory, using the image of a sakura seen in the light of dawn.15 pieces will be exclusively presented in this exhibition.

Kanako Kitabayashi is an emerging artist graduated from M.F.A. in Sculpture, in Tokyo University of the Arts. So for she has attracted attention in several exhibitions including the solo exhibition at Contemporary Art Gallery, Art Tower Mito in 2018. Mainly as a core, specialized in using ceramic, she lays over several material and creates extra-ordinary objects through her flexible artistic sensibility.

The artwork appears as if it is close to nature, but never seen before. Then we realize miraculously the object is somehow a “déjàvu” of something, some place or time seen before.

 

Indigo blue, faint pink—this work is imbued with complex hues that belie an artist fixed on a subtle, fleeting something that spills from one’s hand like water even as one tries to grasp and savior it. It might it is a process of uncovering and making visible the poetry concealed within all of nature.

                                                                                                EMON Photo Gallery, Director Seiji Komatsu

 

もうすぐ夜明けの時刻。息を切らせて山道を登る。

暗闇から蒼色へと景色は変わり、小鳥の鳴き声で包まれる。

日の出と共に、うつろいゆく桜の姿。朝露の桜の風景は遠い幼いころの夢と混じり合い、

それはまるで天の川のように思えた。

 

この春EMONでは、フォトコラージュアーティスト・Kiiroの2年ぶりの新作展を開催する運びとなりました。今回は造形作家・北林加奈子をゲストアーティストに迎え、両者の表現の核となる既視感を表す作品を展覧致します。

Kiiroは、2009年から一貫してコスモスの花をモチーフに写真表現の可能性を追求してきました。イメージを足しては引き、重ねては削る、そうしたkiiro独特のフォトコラージュは、年を追うごとに絵画的アプローチを深化させてきました。今展は2016年から取り組んでいる桜シリーズの第二弾となり、間や余白を意識した構図に日本画を思わせる変化が伺えます。前作で死生観を表したのに対し、今回は子供の頃の記憶、あるいはかつて見た桜の姿を、朝焼けの景色に重ねた作品15点が並びます。

そして造形作家・北林加奈子は、2018東京藝術大学大学院の彫刻専攻を修了し、昨年水戸芸術館で個展を開催するなど注目を集める新進のアーティスト。陶芸を主にさまざまな素材を重ね合わせ、しなやかな感性で独創的なオブジェをつくり出しています。それらは自然界にありそうでないもの、しかしかつて見たことがある事象を思い起こさせる既視感のある物へと形を変えて表されています。

藍色から淡いピンクへと複雑な色彩を滲ませたこの作品群は、すくおうとしても手の平からこぼれてしまう水のように儚いものに向けられた眼差しです。それは自然の至る所に封印された「詩」を見つけては可視化する作業とも言えるかもしれません。
                                   

                                   エモン・フォトギャラリー ディレクター小松整司

Kiiro

Kanako Kitabayahsi

Kiiro (キイロ)

1978 Born in Kanagawa prefecture, Japan.

Graduated from Meisei University majoring in oil painting 

1978神奈川県出身。

明星大学油絵科卒業

Art Fair

2013.TokyoPhoto (Tokyo)

2013.fotofever (Belgium)

2014.Daegu Photo Biennale(South Korea)

2014.fotofever (Paris)

2015.fotofever (Paris)

2016.Festival La Gacilly Photo(France)

2016.Photo Shanghai(Shanghai)

2017.KYOTOGRAPIE KG+ (Kyoto)

2018.Art Fair Tokyo (Tokyo)

Award

2010.SCAT横浜赤レンガ倉庫 赤レンガ賞  2013.International Fine Art Photography Award実験部門審査員賞(France)

2014.International Photography Award コラージュ部門3位(Los Angeles)

2014.Le photobookfest BEST30(France)

 

statement

For a long time in my artist career, I’ve being working on the theme of the cosmos flower. Growing in colonies, appearing at summer’s end, this sweet flower is imbued with somehow a nostalgic aspect. 

The tangled interweaving of stems and buds, it expresses the original definition of cosmos: an expansive, perhaps infinite vastness filled with order and beauty of a sort, yet also imbued with something like a feeling that all struggle in life is in vain. 

 

Cosmos in Japanese is called ‘akizakura’ (autumn cherry blossom), and therefore it felt necessary to turn my gaze to ‘sakura’ (cherry blossom) that perhaps best symbolizes Japan. The protruding trunks seemed to me as a dragon flying up towards heaven, and in the intertwining branches through which blossoms cascade I see both the “calm” of full bloom and the “motion” of falling blossoms that form a whole universe. 

 

With the photos I’ve taken, I analyze and superimpose image upon image, I add and subtract layers in my picturesque style. I try to overlay countless photographic fragments, trace time, and seek to somehow approach the beauty hidden within the cosmos or sakura flower. 

Like Noh, where 100 different stories by 100 different people are born in the imagination of the viewer, my works are difficult to convey with words.

私は長い間コスモスの花に着目して創作活動をしてきました。夏の終わりごろから群生をなして咲くこの花は、可憐でありながらどこか懐かしさを想い起こさせます。

複雑に差し交わす茎や蕾み。それはコスモスの原義である秩序・調和・美といった宇宙的な広がりを感じさせる一方で、限りある命の無常観をこの花に感じています。

 

コスモスの別名は秋桜。そして私は日本の象徴とも言える「桜」へと対象を広げていったことは必然だったかもしれません。隆起した桜の幹が天に昇る龍のように見えることもあれば、枝の狭間でこぼれるように咲く姿や散っていく様子は、静と動が瞬くような宇宙のように感じられます。

 

私は撮りためた写真を何層ものレイヤーに分解し、塗り重ねては削るといった絵画の技法を用います。無数の写真の「断片」を重ね、時間をトレースし、コスモスの、また桜の花が秘める美しさに私は接近しようと試みます。

しかしそれは、鑑賞者のイマジネーションが百人百通りのストーリーが生まれる能のように、言葉では表しきれないものでもあるのです。

北林加奈子 (きたばやし かなこ)

1990東京都出身 ​

2016多摩美術大学美術学部工芸学科陶専攻卒業

​2018東京藝術大学大学院美術研究科修士課程彫刻専攻修了

ArtFair

2017,Affordable Art Fair (Stockholm)

2017,FIAC2017 Grand Palais(Paris)

Award

2013,次世代工芸展入選

2017,2074夢の世界アワードグランプリ

2018,平成29年度台東区長奨励賞受賞

2018,アートアワードトーキョー丸の内

2018入選 ​

Artist in Residence

2017.09~10 Yoshio Nakajima Art Center & Raus stoneware factory(Sweden)

 

statement

日常の風景の中にふと、“何か”を見つけ理由もわからないうちに、美しさやおかしさを感じることがあります

 

それは、ほんとうに些細なことでいつもそこにあるのに、ふだんは気にもとめていないようなことかもしれません。そして、とても儚く気づいたとしても、放っておくと次の瞬間には忘れてしまうようなことかもしれません

 

それでも記憶のどこかにそれは引っかかっていて何かの拍子にふわっと、デジャヴのように頭のどこかに浮かび上がります

 

その“何か”を分析してみると 偶然見つけた自然の現象だったり、物理の法則だったり人の痕跡だったり、さまざまです

 

しかし、的確に説明するのはとても難しく言葉にした瞬間、泡のように消えてしまう時もあります

 

私はそういった、風景の中や視界の片隅に、儚いけれど確かにある光景を私なりの視点でとらえ、抽出し、質感や形、現象の関わり合いを利用して可視化したいと思います

 

そして、誰かの記憶の中の風景を、誘い出すことができないだろうかとたくらんでいます

  • Twitter Social Icon
  • Facebook Social Icon

togo Bldg.,B1 5-11-12 Minamiazabu Minato-Ku

Tokyo 106-0047 JAPAN.

Tel.    +81/3/5793/5437

Monday - Friday : 10am - 6:30pm

Saturday, Sunday, National holidays : Closed

©2016 EMON PHOTO GALLERY. ALL RIGHTS RESERVED.